冬に暑い国へ行く服装と機内の冷え対策!海外旅行着替えのタイミングは?

冬の寒い日本を出発して、暑い国へ行くときの洋服って困りますよね。

寒いところから暖かいところへ行く場合の服装って、どうすればいいんだろ?
海外旅行に持って行くのに、荷物にならないオススメなジャケットは?
冬服から夏服へ着替えるタイミングは?

冷え性や寒がりさんに向けて、機内の冷え対策についても書いているので参考にどうぞ。

スポンサーリンク

冬に暑い国へ行く時の服装は?

日本では冬だけど、海外旅行で暑い国へ行く時の服装。
寒いところから暖かいところに行くときの服装は難しいですよね。
冬の日本と南国じゃ気温の差も激しいし…。

寒さに強い人は

など手荷物にならないよう対策をとることができます。

でも冷え性の場合、飛行機の中でも冷えるから!!
長時間のフライトはカラダにこたえます!

海外旅行機内の服装 女性の私はコレ!

そんな寒がりな私の恰好はというと。マキシワンピ

↓こちらで買ったマキシワンピ。

夏用のノースリーブのマキシワンピを着て、外はダウンジャケットを着て家を出発します。
ダウンジャケットは機内でも、もちろん着用。
ひざ掛けとして使ってもいいし。

だって寒い機内で何時間も過ごしてたら、カラダが冷えてお腹ピーになってしまうかもしれん。
ずっと座っていると、足元から冷えてきて体温が奪われてしまうんですよね。

ロングワンピースは身体を締め付けないし足元まで丈があるから、長時間フライトにもってこいの服装で女性にオススメ!

機内の冷え対策にはコレ!

寒がりの私は念のため、貼るホッカイロも手荷物の中に入れて持参して行きます!
ポイントは手荷物検査が終わった後に貼ること。

ほっかいろは砂鉄が入っているので、金属探知機に反応して引っかかってしまう場合があるんです。
後ろの人が見ている中で、洋服からペリッと剥がすことに( ゚Д゚)

上空を飛ぶ機内は気温が下がるので、飛行機に乗る前にお腹や腰あたりにほっかいろを貼っておくと安心です!
下半身は足の裏に貼るホッカイロ+靴下で完全武装。


メディキュット 足あったか温活ソックス M 着圧 加圧 靴下 温熱効果 足元対策 冷える冬用

レッグウォーマーや締め付けないタイツがあれば尚グッド!
ブランケットも余ってれば、余分に貸してもらえるし。
これで機内の冷え対策はバッチリ!

あと最後に座席真上のエアコンの吹き出し口を閉めるべし!

海外旅行に使えるジャケットおすすめ

ただ問題になるのが、厚手のジャケットやコートは暑い国に着いたら邪魔なだけ。
海外旅行にコートはかさばるんですよね。
収納時にスーツケースのスペースを占領しては、お土産が入らない!!

旅行の荷物は極力減らしたいですもんね。

旅行に便利な、軽くてかさばらないダウンジャケットがオススメ。

しまむらダウンジャケット
私はというとしまむらで3,000円くらいで購入した生地の薄いダウンジャケットを、2ヶ月ほど前に購入しました。

生地の厚みが薄くて羽毛がちゃんと入っているのかアヤシイけど、軽いし暖かいしシワにならない!
普段のちょっとした外出でも活用してます。

1回だけ洗濯機に放り込んで洗ったけど、特にペチャンコにもならず保温性も以前と変わらず。
ほんとはちゃんと手洗いした方がいいと思うけど、めんどくさくて(´。_。`)

しまむらのアウターは、軽くて値段も安くて旅行にピッタリ!

他にも、収納袋に入れると小さく収まるダウンジャケットを持って行くのもアリ。

海外旅行で着替えるタイミングはいつ?

そんな寒がりじゃないなら、空港着いたらパッとジャケット脱いで、スーツケースにしまって預け荷物にできる。

でも冷え性だとそうはいかないので、飛行中はダウンを着たまんま。
ただ、着陸後は現地の暑さが襲ってくるので

着陸態勢に入る前に上着を脱ぐ

ホッカイロを引っぺがす

着陸後、荷物受け取りレーンでスーツケースを受け取る

スーツケースの中に上着をしまって、空港を出る

 

これでOK!

マキシワンピ現地に着いたらダウンの代わりに、UVカット機能のついたパーカーを羽織れば日焼け対策もバッチリ!
こちらで買いました。↓

冬に暑い国へ行く際の服装まとめ

冬に暑い国へ行く時は、マキシワンピ+ダウンジャケットの服装がオススメ。
もしくは
上着の下に半袖のシャツを着て、体を締め付けないロングスカートやゆったりとしたパンツをはいてリラックスできる恰好で。

海外旅行では気温の差に対応できる服装を心がけるべし。

スポンサーリンク