あさイチのほうれい線を消す方法が簡単!クリームの塗り方のコツも紹介

昨日のあさイチでやってたほうれい線を消す方法。
あまりにも簡単すぎたのでご紹介します。

道具がいらなくてすぐに実行できてお金がかからない点が良い!

しかもTVでエクササイズした人は2時間で顔に変化があらわれてた。
即効性があるのかな。

これを毎日続けたら顔のたるみやシワが改善されるに違いない!

スポンサーリンク

あさイチのほうれい線を消す方法が簡単!

昨日あさイチをご飯ダラダラ食べながら見ていたんですけど。
ほうれい線の消し方の番組をやっていて、あまりにも簡単すぎて衝撃を受けた私!

日常生活で思い立ったらどこでも実践できます。
その方法は、唇を縦に伸ばして“ほ”の形を作るだけ。
フェイストレーナーの木村祐介さんが言ってました。

…フェイストレーナーって何??
均等のとれた優れた美しい小顔を目指して、エクササイズを考案しているお人らしいです。ほぅ。

口輪筋
唇を“ほ”の形にすると、唇の周りにある口輪筋が連動して顔全体の筋肉が動くため引き締め効果があるんですって。

顔のたくさんの筋肉とつながっている口輪筋なので、“ほ”の形を維持するだけで顔がスッキリ。
あさイチで実践した人は、2時間でほうれい線が薄くなってましたー。
ほーーーっ!!

私もやってみましたよ。
ほうれい線の変化はよく分からなかったけど、梅干しジワがなくなってた!

普段口輪筋を使わないせいか、口を閉じると顎のところが薄くシワシワぼこぼこ梅干しみたいになってたんです。
“ほ”の形を維持して5分経った頃、梅干しジワ(オトガイ筋)が消えてる!
しかも顎の肉も気のせいかスッキリしている状態。

ここまで即効性があったとは!

ちなみに日常生活でも“ほ”の形を意識していくと、シワたるみが改善しやすいのですって。
ほぅほぅ…。

普段しゃべるとき“イ”や“エ”など口を横にして発音をする時も、縦に変えて発音すること。

やってみたら意外と簡単。
さっそく今日から“口を縦に”を意識して頑張ってみます。

スポンサーリンク

ほうれい線を薄くするクリームの塗り方

ほうれい線を薄くするスキンケアの塗り方にもコツがあります。

普段無表情でスキンケアやりがちな私ですが、ここでも“ほ”の形!

化粧水や乳液、クリームを使うとき“ほ”の形を維持した状態で、内側から外側に向かって塗っていくとシワが寄らずにほうれい線の溝まで美容成分が届きます。
パックをする時も“ほ”の形をしてパックをすると、ほうれい線やシワの埋まっている所にまでパックの成分が届きます。

たるみが出ないように、クリームを下から上に塗ることも大事。
下から上へクリームを伸ばす↑↑↑。

口元の筋肉を元の位置に戻すような感覚で、指でトントンと押し込む感じでクリームを皮膚になじませていきます。

  1. スキンケアする前には口の形を“ほ”にする
  2. 指で軽く押し込む感じで、下から上にクリームをなじませていく

顔のたるみしわに効くエクササイズ

歯科医の宝田恭子さんが紹介していたエクササイズ。
これ前に何度もTVで見たことあるけど、舌回し運動ですね。

  1. 舌をゆっくり1周回す
  2. 左回りと右回りを3回ずつやる

このエクササイズやると、ほうれい線やマリオネットに効果があるんですって。
しかも舌を回すと唾液腺が刺激され唾液が出てくるので、口臭や乾燥も予防することができると。

ベロを3周回しただけで、顎の筋肉がどっと疲れます。
舌回し運動、実は苦手。
顎が痛い。
筋肉ないのかな。

それでもほうれい線に効くのなら、ちょっとやってみようかな。

あさイチの同じ番組で、唇の荒れ対策もやってましたよ。
唇の荒れに悩んでいる時に必要なアイテムはコレ!

あさイチのほうれい線を消す方法まとめ

唇の形を“ほ”にするだけで口輪筋が鍛えられるので、シワやほうれい線、マリオネット、たるみに効果的です。
やってみたら梅干しジワが消えるなど即効性があったので、これは毎日継続して続けます!

スキンケアやパックをするとき、“イ”や“エ”の発音をする時も、“ほ”の形を常に意識するべし!

スポンサーリンク