セラミドサプリは効果なし?飲み合わせや副作用について

サプリ
セラミドは肌の表面に近い部分(角質層)に存在している成分だから、外から塗る方が効率的で手っ取り早い。
でもカラダの皮膚全体のセラミド量を増やすには、やっぱり口から体内に摂取した方が良いんではないの?

はたして、手軽に摂取できるセラミドのサプリメントは効果があるのかないのか?
サプリのおすすめや摂取量、飲むタイミングについても書いているので参考にどうぞ。

スポンサーリンク

セラミドサプリは効果なし?

セラミドは外から皮膚に塗った方が効率的で早い。
だからといって、セラミドのサプリメントが効果なしかというとそうではない!

経口摂取のいいところは身体全体の皮膚にセラミドが行きわたりやすいところ。
カラダの一部じゃなくて、全体の保湿効果が望める。

口から摂取することでセラミドの合成が促進され、皮膚内のセラミド量が増えるという研究結果があるんだとか。
バリア機能や水分量の増加に改善効果が期待できるので、全身が痒いアトピーや敏感肌に悩んでいるのなら経口摂取がオススメ!

スキンケアと経口摂取と両方から取り入れるべし!

ちなみに食べ物(こんにゃくなど)からセラミドは摂取できますが、消化吸収がサプリメントと比べると劣ります。
サプリで補った方が手軽で効率的。

セラミドサプリの種類

サプリの種類にはドリンクや錠剤、カプセルがある。
セラミド含有量も商品によって違います。

ドリンクは手軽に飲めるけど、1本300円前後とちょっと金額が高い。

たまに飲むくらいならいいけど、この値段で継続して飲むのは厳しいなぁ。
毎日コンニャク(←スーパーで1袋60円ほど)食べ続ける方が安い(-`ω-)

錠剤やカプセルは値段が安いものから高いものまであります。
ドリンクよりコストがかからない点や携帯しやすい点がメリット。

セラミドサプリのおすすめや摂取量

セラミドセラミドサプリの原材料は、植物由来の植物セラミドが多いです。
米や麦、大豆、牛乳などたくさんありますが、セラミドの量が多いのはコンニャク。
コンニャクを原料としたサプリがオススメ。

1日に必要な量は、600〜1200μg(0.6~1.2mg)。
サプリメントの基準は0.6mg以上配合されたものを選ぶこと。
ただし過剰摂取しても肌に変化はありません。

 

ちなみにビタミンやミネラルなどが一緒に配合されたサプリは、セラミドの吸収を促したり美肌効果を高めるために配合されることが多い。
セラミドだけ摂取するより肌への効果が期待できます。

セラミドサプリを飲むタイミング

セラミドサプリはいつ飲むのがよいのか?
飲むタイミングは寝る前。

お肌のゴールデンタイムは、入眠後1.5~3時間の間。
現代人のライフスタイルでは0~3時の間がゴールデンタイムと言われています。

この間に成長ホルモンがぶわーっと大量に分泌される。

寝る前にサプリで補うと、相乗効果でお肌にも良い影響をもたらしてくれます。
寝る前に飲むのがベストだけど、消化器官の働きが活発になっている食後30分以内に飲んでも良し。

最近TVでも言ってたけど、睡眠は寝てから3時間の間が大事なんですって!
この時間にいかに熟睡してるかがカギ!

関係ないけど、私昨日赤ワインを飲みすぎました。
昨日は夜中に1時間に1回の頻度でトイレに行ってました。(マジで)
ここ最近で一番睡眠の質が悪かった…。

酒を控えるべし。

セラミドサプリを飲む期間

サプリに即効性はなく、効果を感じるには1ヶ月ほどかかると言われています。
カラダの中から改善していくためには3ヶ月間飲み続けたほうが良い。

ちなみに今現在目のサプリを飲んでますが、目の痛みや頭痛などの症状がやわらいだのが1,2週間くらいほど経ってから。
サプリとしては即効性がある方かな。

セラミドサプリの副作用は?

セラミドはもともと肌の表面に近い角質層に存在している成分。
安全性が高く副作用の心配は特になし。

ただしアレルギーを持っている人は注意!

配合成分表示を見ること。
セラミドの原料には米や小麦が入っていることもあります。

スポンサーリンク

セラミドサプリの飲み合わせに注意!

セラミドサプリはビタミンやミネラルと一緒に摂ると吸収率が良いですが、過剰摂取を避けたいのがリノール酸。

リノール酸は適度に

リノール酸
リノール酸は細胞やエネルギーの原料になり、セラミドの成分である脂肪酸の一種でもあります。
適度に摂れば、悪玉コレステロールや中性脂肪を減らす効果がある成分。

ただ過剰摂取はアトピー性皮膚炎やガンの原因となることも。

摂らなさすぎも問題だけど、過剰摂取もセラミドを減らしてしまいます。
適度に摂るべし!

食品で言うと

  • グレープシードオイル
  • ひまわり油
  • 綿実油
  • コーン油
  • マーガリン
  • ドレッシング
  • ラーメンなどのインスタント食品
  • ナッツ類
  • マヨネーズ
  • ジャンクフード
  • スナック菓子
    など。

ナイアシンと一緒に摂る

ナイアシンはビタミンBの一種。
セラミドの合成を助ける成分で、シミを防いだりニキビの改善効果が期待できる成分。

食べ物で言うと

  • 鶏のささみ
  • レバー
  • さば
  • ブリ
  • まぐろ
  • カツオ
    など。

野菜と一緒に摂取

野菜
血流を促す食品
をとることで、セラミドが存在している角質層まで届きやすくなります。
あと抗酸化作用のある野菜をとることで、セラミドの合成を妨げる活性酸素を除去する目的もあります。

  • カリフラワー
  • サトイモ
  • 白菜
  • キャベツ
  • 玉ねぎ
  • にんじん
  • ピーマン
  • ほうれん草
  • じゃがいも
  • トマト
  • 大豆

食後にサプリを飲む場合は、油を減らして肉や魚、野菜をきちんと摂る食事が大事ですね。

セラミドサプリの効果まとめ

サプリメントは即効性は期待できないけど、アトピーや敏感肌に悩んでいるならカラダ全体に働きかけるので効果的。

こんにゃく芋を原料としたセラミドサプリを、寝る前に0.6~1.2mg摂取すること。

1~3ヶ月飲み続ければ、肌への変化を感じることができるハズ。

スポンサーリンク